読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だいたいいつもごろごろしています。

最近はミュージカル沼俳優沼にも住んでいるジャニヲタ(事務所担寄り手越担)社会人OLの日常とヲタ活についての雑記です

「わたしやっぱり一人で生きてくわ」

って冗談だろ?… 

 

10/20(たしか)放送のSMAP×SMAPでのS-Live(録画ですが)をみてから

ゲスの極み乙女。ばっかり聴いてます。音楽には疎いけどアイドルとコラボしたり

楽曲提供したりしたアーティストには興味をもって聴くようになる習性。

まさにゲス~はそのパターンなわけで、ゲス~の川谷絵音さんが作詞作曲したSMAPアルバムの『Mr.S』に収録されてる『アマノジャク』と『好きよ』、すごくいいなぁ~ってなってからよく聴きます。これからもミュージシャンの方にはアイドルのみなさんにがんがん楽曲提供したりコラボしたりしてほしい。最近のSMAP聴くとけっこう音楽の幅がひろがるのでとてもいい。SMAPの提供元のミュージシャンをチェックすると超幅ひろがる。じゃにーずしか基本きいてないおたくも最近の音楽しりたいよ。そういうきもち、あるよ。しかもキラキラしたアイドルソング~!って感じじゃない歌を歌ってるアイドルを見るの、素を覗けてるみたいで(それはない)どきっとするんですね。というかスマスマのゲス~とSMAPのコラボで『猟奇的なキスを私にして』を歌ってたの、すごいよかった。ってだけなんですけど。特に中居さんのハスキーな声で歌ってたのがよかった(川谷さんのハイトーンボイスとの対比的に)…。

しかし音楽に詳しいひとのアンテナの張り方がわからないな。好きってだけで無意識なんだろうな(わたしがハマるものの情報を取り入れるのはもはや呼吸と同様なのでw…いいすぎか。。)。

 

どうでもいいことかいてここで本題。大学入ってからずっと感じていて言い続けて今日も改めて感じたことがありました。

 

「環境が人をつくる。」

 

これです。うん、これです…。環境が先か、人が先か、ってところはあるけれど(個人個人があつまって環境が生まれるから)男がいるところ、女がいるところ、男女比、積極的な人が多いところ、消極的な人が多いところ、ひとが集まって環境を作ってその環境がさらにその個人に影響を与える。。。(なにいいたいかわからないけどそこは私のメモなので(甘え)) 環境が人をつくるけれど意外とその環境は個人個人で選べたりすることが多いなとはおもう。なりたい自分になるには環境選びって大事かも。そんなことを考えた。生まれてくる家庭環境は選べないかもだけど。

大学に上がってから高校の同級生と話していて「Aちゃん変わった」って話もすることあったけど、やっぱそれは環境がAちゃんを変えたんでしょう。

よく双子の性格の実験でも同じ遺伝子持っていても環境によってちがう人生送るって結果でてるのよくみる…気がする。

今クールのドラマ『ごめんね青春!』みても思う。男子校で過ごす、女子校ですごす、共学ですごす。環境が変わるだけで関わる人が変わり自分が変わる。物語の本質はそこではないかもしれないけどそういう見方もできるよね、と。

アイドルをみててもそうだ。あんまりJr.歴のない子がグループのセンターだとか、グループのメンバーに大抜擢されて、最初は様になるのかなぁ、と思うけど気づくとセンターが様になってたりする。センターの顔になっていたりする。役割と環境がその子自身を形成してるなってすごく思う。

 

以上大学卒業してから同じ環境にいた友人たちとばらばらになってそれぞれ環境が変わったんだなぁと思った、という話。同じ時代を生きてても人それぞれ違う時間が流れてるんだな。当たり前のことだけどそれを再認識しました。

 

私ははたして変わったのだろうか。