だいたいいつもごろごろしています。

最近はミュージカル沼俳優沼にも住んでいるジャニヲタ(事務所担寄り手越担)社会人OLの日常とヲタ活についての雑記です

舞台『十二夜』の稽古場見学会備忘録

2/21、東宝さんが募集していた、きっと出演者、演出家、あらゆる演劇ファンの方だったら行きたいと思うであろう

舞台『十二夜』稽古場見学会(as十二夜宣伝隊)

にいってきました(o’ω’o)!!なんと40名限定というスペシャルな企画。まさか当たるまい…(しかしずうずうしく半分期待してた←)と思って応募したらラッキーなことに当選し、いくことができました。2015年運いい気がする…(いや2014年もそれなりによかった気はするんですがw←)


日生劇場『十二夜』

 結論

先に感想をいっておくと「予想以上に期待以上に『十二夜』面白いな?!!」です。

シェイクスピア原作の喜劇だということは知っていたけれど、シェイクスピアが原作って聞いただけで「ふぉう…なんか難しいのかしら話分かるのかしら…」と観劇体験歴(読書経験も)の浅い私は身構えていたところがあったのですが。ですが!1幕ほぼまるまる通し稽古を見せていただいたらそんな身構えは無駄だったことがわかった。切ない!楽しい!という感情が交互に噴出してくるお芝居でした。

「切ない」は音月さん演じるシザーリオがオーシーノに恋心を打ち明けられないシーンから沸いて、「楽しい」は橋本さとしさん演じるマルヴォ―リオが出てくるシーンから沸いて。感情がいったりきたりするお芝居本当に好きだなぁと思いました。笑えて切なくもなれて。でも最終的に残るのはハッピーな気持ちで。そういうのが好きなんですよね~。で、『十二夜』はまさしくそういう類のお話なのかなと今回拝見して思いました。あと、長い台詞も韻律というのだろうかーが耳に心地よくて口の中で繰り返したくなるようなことばでおもしろかった。

1幕の通し稽古で舞台装置も簡素なもの、役者さんも上下スウェット、ジャージ…であれどお話自体が魅力があってそれに俳優さんのオーラ、力量もあってそんなの関係なく楽しめた。今回見せていただいたのは作品自体の枠組みであって、本公演だとこの枠組みが衣装、舞台装置、音楽で装飾されるわけで。完成された世界観をはやくみたいなぁ。

(当初は45分予定の見学が開始前に90分になるとアナウンスあり→終わるころには結局2時間という。贅沢にもお先に十二夜の世界に浸れることとなったのでした(o’ω’o))

 好きなシーン

1幕を見せてもらって好きだなぁと思ったのはさきほどもツイッターにも書いたけれど橋本さとしさんのマルヴォ―リオがいたずらを仕掛けられているシーン。さとしさんのほぼ一人芝居のこのシーン、ほんと、この方、エンターテイナーだな…と。マルヴォ―リオがでてきただけで「この方は次に何をしでかしてくれるんだろう~!」とわくわくしてしまう。お稽古の段階でほんと楽しくてハッピーになれる!このシーン後、見学席からも拍手が自然とわいていました。私も拍手していいのかわからないと思う間もなく瞬間的に拍手してしまっていた。

また他のキャストさんたちも脇から覗いてここのさとしさんの演技をみていて音月さんも胡座かいて手叩いて足叩いて笑ってたw小西さんも胡坐かいて手に飲み物持って笑ってみてたしな~。このシーンのあとさとしさん汗だくでうん、コメディってエネルギー使うよね…と思いました笑。

 そしてもう一つ好きなシーンはオーシーノとシザーリオ(男装ヴァイオラ)のやりとり。オーシーノ役の小西さん(コニシーノ!)はスウェット上下(パーカーとてもいい…)にたまにマント羽織るぐらいの恰好であれどオーラ、しぐさ立ち居振る舞いは完全に公爵様でした…。色気と高貴さむんむんでね…くらくらしたwあと、シザーリオに恋ってのはね、って説教しながらシザの頭をふぁさぁ撫でるオーシーノとかシザの手とか口とか顎とかをやたら触れるオーシーノとか…動画は刺激が強かったです。笑

シザーリオはオリヴィアのことばかり話すオーシーノに自分の恋心を遠回りにいってみるけど全然それに対するレスポンスはなくて。涙を目にためてオーシーノをまなざす音月さんふんするシザーリオが切なく美しかったのです。

音月さんといえば男と女の2役プラス女のときにも男装をするのでほぼ3役みたいなもの。男2役担ってることになるかと思いますが演じわけされてるのもすごかったな~

あとシーンじゃないけど気になったのは道化役の成河さん。

 

どうでもいいけど思っちゃったんだからしょうがないこと。…。

上にも書いたけど物語の一要素として

男装のシザーリオ(ヴァイオラ)ー♡→オーシーノ公爵ー♡→オリヴィアー♡→男装のシザーリオ…ってそこだけ取り出すと少女漫画だなぁ、シェイクスピア、日本の現世女子だったら花とゆめ派かな?的な?(『花君』『ホスト部』的要素から連想)と考えてました笑。いやそんなこと考えなくても面白いんですが。今の人気少女漫画的要素をシェイクスピアが描いてたなんて。。。と、一番報われないのはオリヴィアだなぁ…相手同性だし…矢印こちらに向きそうもないし…。と気づく

 『十二夜』は原作読んでおらず最終的にどうなるのかわかってはいないけれど、つづきは劇場で~ということにします。舞台稽古をみてきっと話の流れは理解できると思ったし!視覚、聴覚フル活用してのぞみたい。

 

今回の稽古見学会流れ・おみやげ♪

集合し身分確認などしたのち案内の方についていざお稽古場へ行く形でした。

わぁ、俳優さん女優さんがふつうに歩いて笑いあい、ストレッチしてる…何ここの空間…///と一歩踏み入れてもうドキドキでした。ここで作品の一要素一要素が生まれてるのね…クリエイティブな空間なのね…すうはあすうはあ…(気持ち悪い)。あっ、橋本さんと談笑してる小西さんも発見。。と、用意されていたお席につくとお席にはお土産のお菓子。お心遣いにほっこりです。

f:id:gorogorohanaco:20150221174127j:plain

そして見学者たちがお席に着くや否や演出家ジョン・ケアードさんから出演者に号令がかかり(みなさんずらりとお並びになって一礼~的な。)「welcome~」とご挨拶&説明。

☆こんな感じで見学(イメージ適当)、私はこの図でいうと下部で上手側の席でした。ステージも別に段差があるわけではない。

●は音月さんが胡坐かいてステージせり出しで一人芝居してる橋本さんを見てた場所(w)↓

f:id:gorogorohanaco:20150222032408j:plain

 

ジョンさんからの説明は初めと場面転換をするごとにありました。初めには「キャストたちはみなさん(見学者)のことをこわがっています」w、「ピアノという音はこの舞台にはでてこない。なぜならこの時代にはないから。開演前から舞台上で音楽で世界観をつくる」「稽古の時点でセット、衣装が用意されてるのは日本ぐらいです、スタッフの情熱です」ということや、舞台セットのミニチュアを見せていただいたり。(他にもあったと思うけど←)「こういう風にシザーリオの気持ちは変化して~」という登場人物の説明も。この解説は聞くことで舞台の理解が深まるいい機会だった。

 小西さんのライブいったときも

「ジョンはまるでシェイクスピアと友達であるかのように『彼はこういうことを描いていてね~』と説明してくれるんです」と言っていたけれどこんな感じでいつも説明してらっしゃるんだろうなぁと思った。

最後に記者のかたのフォトセッションの際に見学者も「宣伝してください」というていで写真okに!!上手側のはしっこでわわわと震えながら(私がとっちゃって、、いいんですか!!的な←)お写真撮りました…(ツイッターに上げたものです)またフォトセッションで皆さん並ばれるときにジョンさんの両隣に音月さん、中嶋さんだったのですがジョンとスキンシップとりながら音月さん「わー('O'*)おーまいがー両手にflower〜」とおっしゃっててきゅんきゅんしました笑。

解散になって音月さんが「ありがとうございました~!✨」とニコニコ笑顔で送ってくださり(〃´ x ` 〃)きゅんきゅんしてスタジオをでました、、うん、桂ちゃんかわいい!が私のなかで溢れた稽古場見学でした(収穫)

まとめ

今回このような形で一足先に『十二夜』を拝見できたことは私にとってプラスだったなぁ。開幕前にシェイクスピアはとっつきにくいという偏見を払拭できたのはすごく大きい(*´▽`*) !好きな俳優さんの小西遼生さんが出演されていなければチケットは取らなかったと思ったけれど小西さんを見る以上の収穫があるな、と期待値爆あげでした。なみだと笑いがある『十二夜』、いろんな人に広まればいいなぁとおもいます。

それと、見学会は見学者40人中9割9分女性で男性がお1人いらっしゃったかなぁ?って感じで。男性もみればいいのに!と思った。映画はそうでもないけど観劇は女性の方がするイメージある。なんでなんだろう…。男性で観劇するタイプの人、実際演劇してる人しかみたことない…。ふしぎ。

 

とりあえず『十二夜』はB席4000円 なので気になる方はチケットとればいいのにと思っています(つまるところこれにつきる)

 

おまけ:稽古場でのコニタン(きゅんとしたやつ)(小声)(私きもい)

見てしまった。顔洗って家飛び出てきたような(セットしてない無造作ヘア…あご当たりの肌荒れ…しっかり処理されてなさそうなひげ…)姿のコニタンを…。

見てしまった。稽古場で「りょうせいく~ん!」ジョンにもRyose〜と呼ばれるコニタンを…。(りょうせい呼びなのねと)

見てしまった。飲み物を片手にもちもう片手は口元にもっていきつつ胡坐かいて橋本さんの演技をニコニコ見てるコニタンを…。(声だして笑ってた)

見てしまった。音月さんの肩に手をのせてこそこそこそっと耳打ちするコニタンを…。(音月さんもにこにこ)

見てしまった。稽古中ちょっと出とちった道化役の成河さんに「おい!道化!!www(荒)」とのたまうコニシーノさまを…。

見てしまった。ストレッチをして伸びをするときに腹チラしたうえおパンツのゴム部分もチラリズムしているコニタンを…。…。私ほんとコニタンおしりきゅっとしてる…おしりちいさい……←

*ナチュラルな感じのコニタンもめちゃくちゃ素敵だったなということです