だいたいいつもごろごろしています。

最近はミュージカル沼俳優沼にも住んでいるジャニヲタ(事務所担寄り手越担)社会人OLの日常とヲタ活についての雑記です

キスマイの藤ヶ谷さんが夢に出てきました。

タイトル通りです。先日みた夢の話をします。

夢から覚めてひさびさメモしました。

藤ヶ谷さんのことは普段あまり見ないのになぜか夢に出てきてしかも

ちょっと嫌いになってしまったというインパクトのある登場の仕方をされたので記しておきます。(※何度もいますが夢の話です)

藤ヶ谷さんはマリウスくんと相思相愛らしいので寛大にみていたはずなのに。。。ごめんね、私が勝手に見た夢のせいで…たいぴちゃん…。

 

ということでここからは私が見た夢の内容を書きます。

夢なので懐かしい感じの夢小説風に書きます。・・・初めて書きますw

細かい設定はわからないのでそこは大目に見てください。

 

*********************************

 

舞台はとある男女共学の高校。とある教室。

そこには”キング”として君臨している男がいた。その男は教室内の女子から絶大な支持を受けていた。名前は藤ヶ谷太輔

今日もキングは教室の隅で女子を集めて王様じゃんけんをしている。

キャーキャー騒ぐ女子。

わたしもなんかノリでそのじゃんけん大会に参加していた。(ぉぃ。

たいぴ「おれにじゃんけんで勝てたら『おれ争奪戦』に参加可ねー」

 

いっておくがこの王様じゃんけんでは「勝ち」はあいこも含まれる。

それにキングは両手でじゃんけんをする。どちらも違う手を出す。

どちらかの手に勝てばよい。

だから…つまり…、、、絶対にわたしたちは勝てるのだ。キング争奪戦に参加できるのだ。なんだ、このルール。飛んだ茶番である。

 

たいぴ「最初はグー、じゃんけん・・・」

皆一斉手を挙げ、おのおのグー、チョキ、パーを出した。キングが皆が挙げた手をひとりひとりチェックしてゆく。

たいぴ「はーい、君、参加おっけーね」

ひとり、またひとりとキング争奪戦可能な者が増えてゆく。わたしの仲良しの友達Nちゃんも争奪戦参加の権利が与えられた。

はいはい次は、わたしがキングに争奪戦の権利を与えられる番だ。

キングがわたしの目の前に立ち、口を開く。

たいぴ「はい、おまえナーシw」

 

え?…え??? ナシ、、、?どういうこと?参加権を与えられるものだとばかり思っていたからわけがわからない。

Nちゃんもぽかんとするわたしのほうを見てきまり悪そうな顔をしている。

ナシということがありえるのか。

放心状態のわたしをよそにキングは次々に自分の争奪戦の参加権を言い渡していた。

とりあえずわたしは心の中で

昔の写真ばらまくぞ?肌黒すぎるんだよ調子のんな??)とただ悪態をつくことしかできなかった・・・

 

 

~完(ここで目が覚めた)~

************************************

・・・以上です。

藤ヶ谷さんのことが最初に書いた通りちょっと嫌いになりましたw勝手に。ごめんね。たいぴちゃん昔より超きれいになったと思うよ。

夢の中で昔の写真ばらまくぞ?って思ったあたりこんなに藤ヶ谷さんに対して私悪意あったのかってなりましたよね。

うん、どうでもいいことでした。(でも書き記しておきたかったw)